インプラント

しっかり噛める喜びをもう一度

見た目も機能もいい「インプラント」◆見た目も機能もいい「インプラント」
インプラントは、歯の失われた部位の顎の骨の中に、人工的な歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療方法です。天然歯に近い状態でよく噛め、審美的にも美しい治療方法です。

天然歯に近い状態でよく噛め、審美的にも美しい治療方法ですが、誰にでも適応できるわけではありません。インプラント治療をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

インプラント治療

インプラントの構造◆インプラントの構造
インプラントは、顎の骨の中に埋め込む歯根部、歯の部分に相当する上部構造と、その間を連結する支台部のおよそ3つの部分から構成されています。

line
ブリッジ◆ブリッジ
・メリット・・・自分の歯と同じように噛むことができ、違和感がありません。
・デメリット・・・ブリッジを固定するため、両隣の健康な歯を削る必要がありあます。
line 入れ歯(義歯)◆入れ歯(義歯)
・メリット・・・口の中の型を採る程度の比較的簡単な治療ですみます。
・デメリット・・・硬い食べ物や、粘り気のある食べ物では苦労することがあり、異物感を感じる人もいます。
line インプラント◆インプラント
・メリット・・・自分の歯に近い構造で、自分の歯と同じように噛むことができ、見た目もきれいです。
・デメリット・・・インプラントを埋め込むための手術が必要で、保険適用ではないため費用がかかります。

インプラント治療の流れ

検査・治療計画①検査・治療計画
レントゲン撮影や口腔検査で、お口や顎の骨などの状況を調べるのは勿論、血液検査や問診など、お体の健康状態を含む検査を行います。

歯周病や虫歯などがある場合は、インプラントの前にきちんと治療します。失われた歯の数や、骨の状況、位置や大きさなどによって治療法は様々ですので、検査結果を基に患者様一人一人に合った治療法や治療計画、費用のご相談など、インプラント手術の詳しい説明を行います。骨などの状態によっては、大学病院でCTの検査を行います。
line 一次手術②一次手術
顎の骨にインプラントを埋め込みます。簡単なものでは30~40分程ですので、入院の必要もありません。
line 安静期間③安静期間
術後1~2週間後に抜糸し、2~6ヶ月(通常下顎1.5ヶ月、上顎3ヶ月)の安定期間を置きながらインプラントと骨がしっかり定着するのを待ちます。この間もしっかりとしたメンテナンスが必要なので、歯科衛生士が丁寧に歯の磨き方などのお手入れ方法をお教えします。
line 最終的な歯の装着④二次手術
患部が落ち着いたら、金属の歯やセラミックの歯を作製し、仮歯を外して装着します。
line インプラントのメンテナンス⑤メンテナンス
半年~1年に1回のペースで定期健診を行います。インプラントを長い間機能させるためには、患者さん自身の確実なメンテナンスが必要です。インプラントはプラーク(歯垢)が付着すると細菌感染を起こす心配がありますので、正しいブラッシングでプラークを取り除き、ブラッシング法の確認のためにも忘れずに定期検診を受けましょう。


Today:11 Total:74757